保護わんこのしあわせ探し@奈良

チップ

2008年6月17日、保護。

tip_smile400.jpg

元気に過ごし、問題行動もなく、手のかからない子だったのですが、2008年7月12日の朝、食欲がなく、散歩も行きたがらないため、診察に行ったところ、39度の熱が出ていました。血液検査の結果、胆嚢に関係する値が高いという状態でした。

原因がはっきりしないため、解熱剤や点滴などをして2,3日様子を見るということになったのですが、夜になり、また熱が上がり、呼吸が早く荒くなってきました。そのため、病院に再度連れて行ったところ、再度の血液検査で膵臓関係の値も悪くなっていることが判明し、そのまま入院しました。

その後、夜10時ころ、先生から、治療を続けているが厳しい状況であるとの連絡を受け、その深夜、再度、先生からの電話で、チップが亡くなったことを知らされました。急性膵炎とのことでした。