保護わんこのしあわせ探し@奈良

柴犬(♀) 生後3か月 きなこ

kinako_001.JPG

2016年12月24日、廃業したブリーダーから保護しました。

柴犬の子犬、推定生後3か月です。保護時の体重は2.9kg。仮の名前を「きなこ」ちゃんと名付けました。

部屋では、ぴょんぴょん跳ね、走り回る、元気いっぱいの女の子です。

甘えてくる子犬らしい面もあるかと思えば、1人でおとなしく過ごせたりと、和犬らしさな面も見せてくれます。

現在、一緒に生活している中型犬やビーグルに自ら遊びに誘いに行き、吠えて怒られてもまったく気にしない陽気なタイプです。

ただ、、来客があると、呼んでも近寄ってこず、逃げていってしまいます。我が家のメンバーには平気です。

抱っこは苦手なようで、こちらが呼ぶと側に来ますが、捕まえられるとわかると少し警戒し、距離をあけて近寄ります。

トイレは部屋のシーツで済ませます。まだまだ失敗も多いですが、だいたいトイレシーツで出来るようになってきました。

夜は、ゲージ内に設置してあるクレートの中で、一緒に保護された子(ビーグル)と2匹で寝ています。扉は閉めて、朝まで過ごしますが、クレート内で粗相はありません。

朝フリーになるとシーツのところに行き、おしっこ、うんち、また少ししてうんちといったようにあわただしく済ませます。

食フンがあったので、シーツでおしっこ、うんちが出来たら褒めて気をそらさせ、うんちを取り除いています。今ではうんちをしても、すぐに食フンの行為は見られませんが、私の姿がない時に食フンがあったので、うんちのタイミングは見逃さないように注意しています。

あと、お留守番はまだ出来ません。買い物や用事で側を離れるなどの数十分、ゲージ内、もしくはクレートの扉を閉めて待っててもらう事はありますが、ゲージ内に入れても外に飛び出てきますし、クレートの中に入れ扉を閉めると、キュンキュン泣いて、扉の網の隙間から外の毛布などを引っ張り入れたり、また、中はおしっこまみれになります。

部屋に誰かいれば、ゲージの扉を閉めても中で過ごす事は出来、そこでお昼寝も出来ます。

ごはんはドライフードをふやかして、1日3回に分けて食べさせてます。食べることは大好きで、フードの用意をしてると大騒ぎになるほどで、お椀を床に置く前から顔を突っ込んでくるので、今は落ち着かせるためにお座りの練習中です。

こんなふうに、出来ないことはたくさんありますが、まだ小さな子なので、これから少しづつ経験しながら覚えていくのではないかと思います。

フィラリアは陰性です。他に健康上の問題はありません。

現在は、一時預かりボランティアさまのもとで新しい家族を待っています。

現在の様子はコチラ → trunk days

kinako_002.JPG

kinako_004.JPG