保護わんこのしあわせ探し@奈良

里親募集中

hiyori_023.jpg

2014年7月31日、行政施設から保護しました。

チワワの女のコ。毛色はブラックタン。保護当時の年齢は8歳です。体重は3.75kg。仮の名前を「ひより」ちゃんと名付けました。

性格は、基本的に穏やかですが、チワワらしい気の強さもあります。ただ、初めての人に対しても、少しの時間で慣れて、自分から側に行って撫でられようとしますし、他の犬と同居しても特に問題を起こすことはありません。相性が合えば、一緒に遊んだりもします。

外の犬の吠え声やチャイムの音などに反応して吠えることはありますが、注意をすると止めます。ただ、散歩で会う人や犬に対しては、吠えることはあります。それでも、人があらかじめ注意をしていれば、吠えずにやり過ごすことができます。

トイレは朝夕の散歩でするほか、シートの上でもすることができます。

心雑音が多少あるため、心臓薬を毎日服用しています。投薬は、今後生涯継続していただく必要がありますが、現在、特に発作等の症状はなく普通に生活を送っています。心雑音は加齢によるもので、初期の段階であり、投薬により、悪化を予防していくことになります。

フィラリアは陰性です。その他、健康上、問題はありません。

hiyori_024.jpg

hiyori_025.JPG

tsugumi_021.JPG

夜中に路上にいたところを保護され、その方から依頼を受け、2014年3月20日、当方で保護しました。

トイプードルの女のコ。仮の名前を「つぐみ」と名付けました。毛色はアプリコットです。保護当時の年齢は推定で7歳程度。体重は3.7kg。

家での普通の生活を全く知らないようで、どうやら繁殖業者のようなところでひどい飼われ方をされ、そのあげく棄てられたものだと思われます。

人に慣れておらず、追いかけると逃げます。でも、徐々に人のそばに寄って甘えるようになります。

他の犬とは全く問題ありません。攻撃性は皆無です。

おすわりやお手はもちろん、散歩にトイレ、おもちゃで遊ぶこと、全く知りませんでした。ただ、最近は、おもちゃで遊ぶようになっています。

保護時、乳腺に腫瘍が多数あったことから、不妊手術と同時に腫瘍の切除手術を行いました。

また、心雑音が多少あるため、心臓薬を毎日服用しています。投薬は、今後生涯継続していただく必要がありますが、現在、特に発作等の症状はなく普通に生活を送っています。心雑音は加齢によるもので、初期の段階であり、投薬により、悪化を予防していくことになります。

フィラリアは陰性です。その他、健康上の問題はありません。

tsugumi_022.JPG

tsugu_023.JPG

hachi_107.JPG

2013年2月20日、もとの飼い主が飼育放棄し、当方で保護しました。

秋田犬の男のコ。保護時の年齢は2歳です。現在の体重は32kg。仮の名前を「八兵衛」くんと名付けました。

基本的に温厚なコです。初めての人でも、子どもに対してもフレンドリーに穏やかに接することが出来ます。他の犬に対しては、大型犬は少し苦手ですが、小型犬には攻撃性はなく、うまく遊びます。

もともとマンションの室内で飼われており、保護後も室内犬として人と同じ生活空間で暮らしています。夜は室内のバリケンの中で寝ています。吠えることはほとんどありません。おもちゃはぬいぐるみ系のものが好きで、放り投げて1人で遊びます。トイレは、朝夕の散歩時と昼間に庭に出して済ませています。

保護してから現在までの様子は、「Dog's smile 活動ブログ」の左下カテゴリーの「八兵衛@秋田犬」をご覧下さい。

今後も室内で一緒に生活していただける方に限らせていただきます。また、温厚であるとはいえ、大型犬の和犬のため、大型犬の飼育経験があるか、大型犬を飼う覚悟をしっかりと持っていただいている方に迎えていただきたく思います。

フィラリアは陰性。その他、健康上の問題はありません。

hachi_104.JPG

hachi_108.JPG

lot_104.JPG

2012年3月20日、ブリーダー崩壊のため、他の団体さまと協力して、レスキューしました。

マルチーズの女のコ。仮の名前を「ロッタ」と名付けました。保護時の推定年齢は9~10歳。体重は1.6kgと小さなコです。

高齢との診断でしたが、そうとは思えない活発なコです。

人が大好きです。ただ、最初は警戒心が強く、知らない人に対しては怯えて吠えたり、咬むこともあります。

トイレは、室内のシートの上で出来ますが、多少失敗があります。他の犬とも、基本的には問題なく過ごせますが、チャカチャカと動くので、相手の犬によっては、攻撃を誘うことがあります。

留守の間、フリーにしていても特に問題行動はありません。ただ、留守番のときは、警戒心が強く、少しの物音でよく鳴くため、留守番は苦手です。人や他の犬にひっついて寝るのが好きです。

両後肢が軽度の膝蓋骨脱臼ですが、何年もこの状態で暮らしてきたことから、治療の必要はないと診断されています。生活するスペースにカーペットを敷いていただくなどの配慮をお願いします。

また、心雑音が多少あるため、心臓薬を毎日服用しています。投薬は、今後生涯継続していただく必要がありますが、現在、特に発作等の症状はなく普通に生活を送っています。心雑音は加齢によるもので、初期の段階であり、投薬により、悪化を予防していくことになります。

フィラリアは陰性です。

lotta_102.JPG

lotta_103.JPG

1  2  3